ブラニカ vs オーラパール どちらが買い?

ブラニカ vs オーラパール どちらが買い?

ホワイトニング効果のある歯磨きは、ブラニカ以外にもいくつかあります。

 

今回は、そのひとつ「オーラパール」との比較についてまとめてみたいと思います!

 

ブラニカ、オーラパール比較

 

 

 

ブラニカ

オーラパール

ブラニカ オーラパール

販売元

株式会社ブルーブラン

全薬販売株式会社

販売

形態

通販のみ

通販のみ

価格

2,700円(税別)

2,160円(税込み)

※初回のみ10%OFF

送料

600円(税別)以上のお買い物で無料

無料

定期

コース

あり

※定期購入で2,700円→2,430円(税別)

あり

返金

30日間全額返金

※初回のみ

なし

容量

30g

※1か月分

75g

※1か月分

主な

成分

(抜粋)

ポリリン酸

ピロリン酸

板状ハイドロキシアパタイト

マクロゴール400

薬用ハイドロキシアパタイト

売り

ポリリン酸とピロリン酸のWホワイトニング効果で、徹底的に歯を白くする

9つの主成分が、ホワイトニングしつつ、歯周の健康を保つ

 

さて、上記の表からお分かりのように、ブラニカもオーラパールもさほどの差はありませんので、正直悩ましいですよね。しいて言うならば、ブラニカに比べて、オーラパールの方が価格的にはお得感はあります

 

両者の大きな違いは、やはり商品の売りです。

 

ブラニカは、「ポリリン酸とピロリン酸」オーラパールは「マクロゴール400」です。

 

ブラニカはポリリン酸の力で歯のステインを除去、さらにピロリン酸で、ポリリン酸で取りきれなかった汚れを除去する、Wホワイトニングを売りにしています。

 

一方、オーラパールは、マクロゴール400というもので歯を白くします。その他、オーラパールにはいろんな成分の働きで、虫歯の予防や健康な歯茎を保つなど優れものです。

 

結論

 

ホワイトニングという観点でいうならば、少々割高ですが、ブラニカをお勧めします。 やはり決め手はWホワイトニングでしょう。歯周を健康に保ちたいという観点だと、オーラパールがお勧めです。

 

どちらも、決して安いものではありませんので、ご自身の目的で購入するようにしましょう。

 

ブラニカ,オーラパール